男性専門ファッションコーディネート・オーダースーツ

2018/12/17

背が低い方必見!吊るし(既成)のスーツ屋さんが教えてくれないパンツの脚長フィッティング!!!

こんばんは!

 

麻布十番駅徒歩1分、TV取材もされるモテさせスタイリストが

 

提案するプライベートオーダースーツサロン

 

X-STYLE@大竹光一です!

 


 

 

今日は背が低い方、そして足を長く見せたい方必見です!

 

吊るし(既成)のスーツ屋さんが教えてくれないパンツの脚長フィッティング

をご紹介します!

 

・足が短くてスーツがあまり格好良く着れない

・シークレットブーツを検討したことがある

・背が低いので少しでも脚長効果を出したい

 

なんて方はぜひ最後までお読みください!

 

 

さて、早速ですがレディースのハイウェストパンツはご存知ですか?

 


 

ウェスト位置が高めのパンツですね!

 

今日の話はこれをメンズでうまく取り入れるものです!

 

ウェストの位置を高くすることで脚を長く見せる錯覚を利用するわけです!

 

言葉でいうのは簡単ですが、実際にはなかなか難しいです!

 

まずハイウェストをデニムでやってしまうと


 

アキバ系、オタク系になってしまうので絶対NGです!

 

デニムは腰穿きするものですね!

 

 

ハイウェストにしてもOKなのが

スーツとスラックスです!

 

ですからスーツスタイルとジャケパンスタイルにはもってこいなわけです!

 

逆にスーツやスラックスの腰パンはスーパーダサいのでNGです!

 

では具体的にどうするかなんですが、その前に

基本的なスラックスのウェストの位置があることを知っておきましょう!

 

ウェスト位置は腰骨とベルトループが同じ高さで穿くのがスタンダード

 


 

スラックスではこの位置で穿くが美脚に見えるんです!

 

 

そしてこのハイウェストの脚長効果を得ようとする際に

最も重要なのが股上です!


 

最近のパンツはトレンドに合わせて股上が浅めのものもありますが

股上が浅めのものでは、ハイウェストになりませんから

身長が低い方はローライズ(股上が浅い)パンツは避けた方がいいんです!

 

 

ハイウェストにするためにはある程度股上が必要なので、

自分に合った股上を理解しないといけません。

 

順番としては

ウェスト位置が決まり、股上が決まり、股下が決まる

わけです!

 

 

比較すると一目瞭然ですね!


 

右が3cmほどハイウェストにしたものです!

 

同じパンツで穿く位置を高くしただけなので、よく見ると股下が短くなってますよね!

 

 

背が低い方や脚が短い方は右側の位置くらいで穿く方が脚長効果が得られます!

 

そうするともう1つ問題が生まれてくるんです。

それは太っているケースです。

 

太っている人にハイウェストにするとお尻は張って余計むっちりに見えたり

ウェスト周りを広げないといけないんです。

 

つまり、太っている人に今日の話は通じなくなってしまうんです。

 

言葉を選ばず言うと、

チビでデブだとさすがに対策の施しようがないんです。

 

そこは自分磨きの努力が必要ですね!

 

 

既製品のスーツ屋さんでは股下くらいしか提案しませんので、

このスラックスの穿き方オーダーメイドならではの脚長効果なわけです!

 

だからこそ、

スーツやコートはオーダーメイドに限ります。

といつも言っているんです。

 

細かいところにこだわって見た目を整えていくと

それが積み重なった時に大きな違いとなります!

 

もし周りに身長や脚の短さで悩んでいる方がいたら

僕を紹介いただくと解決の道が開けるはずです!

 


 

少し専門的な内容だったと思いますが、

ここが腕の見せ所ですからお任せください!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

以上、背が低い方必見!吊るし(既成)のスーツ屋さんが教えてくれないパンツの脚長フィッティング!!!でした!

 

〜大事なお知らせ〜

X-STYLEの動画コンテンツ FASHION TV



12/22(土) 11時00分〜 スーツの着こなしセミナー(初中級)

12/22(土)14時〜 体感型ファッションセミナー


1/19(土) 14時〜 女性から選ばれるためのモテ男子養成セミナー 

1/26(土) 11時〜 売れるパーソナルスタイリストスタートアップセミナー


■今よりモテたい方は↓コチラ↓
image

~麻布十番駅徒歩1分!男性が垢抜けるオーダースーツサロンX-STYLE~

☆この記事を読んだ方は以下の記事も見て

います☆

モテる関連の記事一覧へ

着こなしのコツ・テクニックの記事一覧へ

カテゴリー: