男性専門ファッションコーディネート・オーダースーツ

2019/01/29

良い仕立てのスーツを見分けるポイント(衿の内側)!!!

こんばんは!

 

麻布十番駅徒歩1分、TV取材もされるモテさせスタイリストが

 

提案するプライベートオーダースーツサロン

 

X-STYLE@大竹光一です!

 

今日は以前の良い仕立てのスーツを見分けるポイント(袖付け)の記事に引き続き、

良い仕立てのスーツを見分けるポイント(衿の内側)をご紹介します!

 

 

そもそも、なんのためにこれを書いているのかというと

縫製のクオリティが高くないのに、高い値段で売られているジャケットやスーツ

が少なくないからです。

 

ですから、見分けるポイントを知ることで

買い物の質を上げることができるんです!

 

 

衿の内側というのはどの部分かというと

ジャケットを広げたときのこの部分です!


 

丁度首の付け根あたりに触れるところですね。

 

なかなかよく見ることがないですが


 

チェックすべき部分です!


 

 

比較するとわかりやすいですが、

上のジャケットは継ぎ目がなく、


 

下のジャケットは継ぎ目があります。

 

 

この襟の話には諸説がありますが、

ホールカットの一枚革の靴が高級とされるのと同じで、

パートを2つに分けて行う方が量産向きで

一枚襟や一枚革の方が高級感があり、手間がかかっています。

 

首の曲線に合う襟を作ることが着心地に繋がるわけですが

 

その時、襟を二つのパーツに分ければ、より立体的に作るのが容易になります。

 

 

逆に一枚襟で立体的に仕立てるのは職人の技術、手作業のスキルがあってこそなのです。

 


 

 

なんでもそうですが、手間ひまをかけるって大事です。


 

ちなみにうちのオーダースーツでも両方を扱っていて、

縫製のクオリティがもっとも高い仕立ての場合は一枚襟です。

 

スーツやジャケットやコートはオーダーメイドがベストですが

既製品の買い物でも品質を見分ける際に役立てていただければ幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

 

以上、良い仕立てのスーツを見分けるポイント(衿の内側)!!!でした!

 

〜大事なお知らせ〜

X-STYLEの動画コンテンツ FASHION TV



2/16(土) 11時〜 スーツの着こなしセミナー(初中級)

2/16(土) 14時〜 女性から選ばれるためのモテ男子養成セミナー 

2/23(土) 11時〜 売れるパーソナルスタイリストスタートアップセミナー


2/23(土)14時〜 体感型ファッションセミナー


■今よりモテたい方は↓コチラ↓
image

~麻布十番駅徒歩1分!男性が垢抜けるオーダースーツサロンX-STYLE~

☆この記事を読んだ方は以下の記事も見て

います☆

モテる関連の記事一覧へ

着こなしのコツ・テクニックの記事一覧へ

カテゴリー: