男性専門ファッションコーディネート・オーダースーツ

2018/06/04

モテる男は女性とボクシングする!?

こんばんは!

 

麻布十番駅徒歩1分、TV取材もされるモテさせスタイリストが

 

提案するプライベートオーダースーツサロン

 

X-STYLE@大竹光一です!

 


 

今日はクライアントさんからの質問をシェアします!

 

女性とのスキンシップについて相談です。

どうやら僕は得意なボディタッチと苦手なボディタッチがあるようです。

 

腕を触ったり肩を抱くといった動作は抵抗無くできるの

 

ですが手を握るような恋人感の強いアクションは、

慣れてないため抵抗があります。

スキンシップをする際に大事なことを整理していただけますか?」

 

こういった内容でした!

 


 

スキンシップは恋愛成就に絶対必要なステップです。

 

スキンシップ抜きで男と女の関係は発展しません。

昔の僕はびびってスキンシップができず、

友達止まりでした。

 

断言します。

 

スキンシップは恋愛成就に絶対必要なステップです。

 

さっそく具体的に質問に回答しますね!

 

これはボクシングに例えるとわかりやすいです。

 

ボクシングではジャブを出して相手の反応を見たり、


 

間合いをジャッジしますね。

 

こんな感覚で、まずはジャブを出します。

例えば、どんなことがジャブに当たるかというと

下記のステップの1〜3です。

 

1.笑顔で相手の目をしっかり見る

2.腕や手、指に触れてみる

(皿やコップを受け渡す際に手に触れたり、フェチの話から腕に触れるなど)

3.障害物や道路から守るように手を引く(短時間の接触)

4.手を繋ぐ(一瞬ではなく、繋ぎ続けている状態)

5.頬にキスをする(口元へのキスの予告)

6.キスをする

 

 

1〜6に行くにつれて、間合いを詰めるように

スキンシップの内容も深くなっていきます!

 

まずはこれをやってみて相手の反応を注意深く見ていきます。

 

・拒否されていないか?

・相手の表情が曇るか?

・身体を後ろに引いたり、後ずさりしていないか?

 

もし上記の反応があった場合は間合いを詰めるのをやめます。

残念ながらそのステップで不合格の状態です。

 

しつこくスキンシップばかり取ろうとする男は

女性からサイテーのレッテルを貼られてしまいます。

一旦引くことも大切です。

 

次のステップのスキンシップをするのでなく、

一旦スキンシップから離れて、また恋愛についての話をします!

 

相手が嫌がる素振りもなく、自然な感じであれば

そのステップは合格♪

次のステップに進めるわけですね!

 

 

ステップと書いているのは

1つ1つ積み重ねていくからです。

 

慣れてくると1段飛ばしくらいはカンタンにできるので

スキンシップもどんどん取れていくようになります!

 

このクライアントさんは

”得意なボディタッチと苦手なボディタッチがある”

と言っていましたが、ストレートに言ってしまえば

得意不得意ではなく、

経験しているかしていないかの違いです。

 

経験してしまえば、なんてことのないことなんです。

 

でも未経験のことって不安ですよね。

 

だからこそ

スキンシップしても大丈夫か?

いけそうか、ダメそうか?

 

を上記のステップの中で判断していくんです。

 

ちなみにいくら約束して会っても、

ただご飯にいくだけでは相手との距離は縮まりません。

 

相手との間合いの中に入っていないのに、

パンチを出しても当たらないんです。

 

間合いに入る以上、リスクはゼロではありません。

 

でも最も大きなリスクは何もしないこと。

 

ジャブも出さない、間合いも詰めない

これで結果が出るわけがありません!

 

しっかり見た目を整えて清潔感があれば、

最初のステップはカンタンにクリアできます!

 

スキンシップ×見た目、この掛け算が絶対的に大切です。

 

何度も言いますが、

男女の関係を発展させるのはスキンシップです!

 

ステップと間合いを守って、ジャブを出していきましょう!

 

以上、モテる男は女性とボクシングする!?でした!

 

〜大事なお知らせ〜

X-STYLEの動画コンテンツ FASHION TV


6/23(土) 14時〜 女性から選ばれるためのモテ男子養成セミナー 

6/30(日)14時〜 体感型ファッションセミナー



■今よりモテたい方は↓コチラ↓
image

~麻布十番駅徒歩1分!男性が垢抜けるオーダースーツサロンX-STYLE~

☆この記事を読んだ方は以下の記事も見て

います☆

モテる関連の記事一覧へ

着こなしのコツ・テクニックの記事一覧へ

カテゴリー: